他塾の追随を許さない早稲田学舎

  • 03-3749-1587
  • 地図・アクセス

〒157-0077 東京都世田谷区鎌田4-16-14
セブンマンション104

早稲田学舎通信・教育の森

教育の森11月号

早稲田学舎通信・教育の森
2020.10.30

秋が日々確実に深まっているのが肌で感じられます。

10月は中高いずれも2学期中間考査がありましたし、高校受験に向けてのWもぎがコロナ禍の影響で塾内実施となりました。結局10月は休みが全く取れない状況についつい愚痴がこぼれてしまいます。あさって日曜日は朝から駅伝をテレビ観戦しひそかに早大を応援するつもりです。やることが山ほどあるのですが、すべて月曜日以降に繰り越します。

この時期ですから当たり前なのかもしれませんが、中3生はさすがによくやるようになりました。ただ今回の中間考査の結果については、全般的にもう少し取れてもいいはずと思う反面、数英は90点以上を目指すとなるとやはり以前とは出題傾向が違ってきており、相当厳しいようです。

数学の点数が伸びなかったのは、直接教科担当している私の指示が厳しさに欠けていて甘いのかもしれません。丁寧に解法等教えたつもりでも、浸透しきれていないのはまだまだチェックに甘さがあることに、その原因の一端があると分析しております。土曜日午後の補講等も行なってはおりますが、受講する生徒の気分次第もあって継続性に難があります。今後少しでも効果が出ることを期待しますが、今は希望があればそれに応えるだけです。とにかく正面を向いてトライしていくしかありません。ただ今回は久しぶりに480/500が出るのではないかとワクワクさせてくれた生徒がいたことはお伝えしておきます。

話が前後して恐縮です。9月末に実施した塾内テストの中1・2生上位者を掲示板に掲載しています。中1・2生ともに在籍生徒数が少ないこともあり、掲載する数も限られてしまいますが、いずれも英語・数学を含めまだまだといった感じです。授業をやっていて感じるのは、読みの力不足と集中力の欠如です。夏期講習期間中や8月集中授業時ではそれなりの手ごたえを感じつつ授業ができていましたが、2学期学校が始まってからは、宿題もやってないことが多くなり、効率がガクンと落ちてしまいました。週授業日数の増加や授業を受ける姿勢そのものの改善等、改めて話し合っていただければ有難いです。

今年度は小学生の在籍数が当塾としては例年よりも多く、現在はほぼ1対3での授業形態になっております。生徒たちの取り組み方が前向きでスムーズに授業が進められているところもあれば、ひとりひとりに手がかかりすぎて講師泣かせのところもあり、個性豊かな子供たちそれぞれに応じた授業の工夫がさらに求められています。

 11月に入れば2~3週間で中学は期末考査が始まります。期末考査対策を見据えつつ教科書履修範囲をできるだけ早く終えたい等、すべきことが山積しています。『できなかった問題は自分の力で解けるまで何度でもやる』これが定期考査でも受験勉強においても、成績アップや合格への絶対条件であることを各自それぞれ肝に命じて下さい。
努力は必ず報われます。自分を信じて先ずは期末考査に全力を傾けましょう。今を頑張れば、来たるその日も絶対に大丈夫です!『 We can do it! 』